レーザー脱毛時に日焼けは天敵?

近年脱毛を行う方は増えてきています。脱毛の方法は様々ですが、注目するべきなのは効果の高いレーザー脱毛です。しかし、レーザー脱毛時に日焼けをすると思わぬトラブルにつながります。今回は、レーザー脱毛の仕組みとなぜ日焼けをしてはいけないのかについて紹介します。

レーザー脱毛を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

レーザー脱毛とは

脱毛の方法にはいくつか種類があります。フラッシュ脱毛やニードル脱毛も有名な脱毛方法の一つですが、レーザー脱毛は効果が高いことで知られています。そして、レーザー脱毛には特徴があります。それは、医療機関でしか受けることができないという点です。

レーザー脱毛は法律により、医療機関の人間しか施術を行えないことになっています。そのため、脱毛サロンやエステではレーザー脱毛は取り扱っていません。しかし、レーザー脱毛は法律で医療機関以外での使用が制限されているだけあって、効果の高さはどの脱毛法よりも高くなっています。

さらに、ほかにも様々なメリットがあります。1つ目は肌にダメージを与えないという点です。脱毛に使用するレーザーは、毛の生えている場所のみに反応します。肌には反応しないので、肌を傷つけることなく施術を行うことができます。

脱毛というと肌に負担がかかりそうなものですが、実は意外とそうではないという事を覚えておいてください。2つ目は少ない施術で効果を得られるという点です。レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べて照射出力が高くなっていますので、前述したとおり効果が高くなっています。

脱毛完了にかかる期間は人によって異なりますが、大体1年程度で完了します。3つ目は痛みが少ないという点です。脱毛に痛みはつきものですが、レーザー脱毛は医療機関でのみ行われるという事で、痛みに対する対策もしっかりと行われています。

出力の違う脱毛器が用意されていたり、痛みを軽減するための麻酔が用意されていたりするので、痛みが苦手という方も安心して受けることが可能です。しかし、レーザー脱毛にも欠点はあります。1つ目は、赤みやヒリヒリ感が出る可能性があるという点です。

レーザー脱毛を行った場所は、赤みが出ることがあります。人によってはかさぶたができる可能性もありますが、これは異常ではないので心配はありません。肌がヒリヒリすることもあるので、肌が敏感な方は要注意です。しかし、病院側で炎症を抑える薬を処方してくれる可能性がありますので、ヒリヒリ感がある場合は医師に申し出てください。

また、肌の乾燥はヒリヒリ感や赤みの原因となりますので、レーザー脱毛の前後は保湿を行うことをお勧めします。2つ目は毛嚢炎です。毛が太い部分の脱毛を行う際、脱毛後にニキビに似たできものができる可能性があります。

これは、よくニキビと勘違いされやすいですが、実は毛嚢炎と呼ばれるものになります。レーザー脱毛により毛嚢炎ができることはよくあることですので、心配はいりません。

1週間から2週間ほど放置しておけば自然に治癒するでしょう。しかし、万が一治らないという場合はこれも医師に相談をして解決してください。

日焼けによって黒くなった肌は脱毛が困難

レーザー脱毛は安全性が高いものの、日焼けをしている状態では危険性が高くなってしまいます。レーザーは黒い部分に反応するという性質を持っているからです。毛は基本的に黒いですので、日焼けをしていない肌であればレーザーは黒い毛のみに反応します。

しかし、日焼けによって肌が黒くなってしまうと、レーザーが毛と肌を区別できなくなってしまうため、肌にもレーザーの影響が出てしまうようになります。そうしてやけどが起こるのです。そのやけどを避けるために、医療機関ではレーザーの出力を微調整するのですが、あまりにも日焼けしているとレーザー脱毛を断られる可能性があります。

また、レーザーの性質上、もともと肌が黒い方についても同様に施術を断られる可能性があります。しかし、医療機関によっては肌質が黒い方の脱毛を行っている場所がありますので、肌質がもともと黒い方は医療機関にご相談ください。

レーザー脱毛は値段が大切なのか

黒くならなくても日焼けは危険

日焼けによって肌が黒くなると脱毛時にトラブルが起こるという事はわかったでしょうが、実は肌が黒くならなくても日焼けは脱毛に影響を及ぼします。なぜなら、日焼けをしたばかりの肌は非常に敏感になっているからです。

これは、日焼けをした後にお風呂に入るとヒリヒリとして痛い事からわかるはずです。また、水でも痛みを感じることもあります。さらに、日焼け直後の肌は水分が失われて乾燥しています。乾燥した肌にレーザーを照射すると、通常よりも痛みを感じやすくなります。

脱毛後の日焼けにも注意

日焼けは施術前にしてはいけませんが、施術後にも厳禁です。なぜなら、施術後に日焼けをすることで皮膚でメラニン色素が作られてしまい、せっかく脱毛しても色素が残ってしまうからです。脱毛によって毛がなくなっても色素によってシミが残ってしまっては本末転倒です。

そのため、レーザー脱毛を行った後も紫外線対策は忘れないようにしましょう。

日焼け対策について

ここでは脱毛前後に欠かせない日焼け対策について紹介します。とにかく日焼け止めを使用して紫外線を防ぐことが重要です。日焼け止めにはUVカットの強さが明示されています。おすすめなのはSPF10から30以下、PA2++以下のものです。

また、肌質に合っているものを選ぶようにしてください。そして、一番重要なのは日焼け止めをこまめに塗りなおすことです。日焼け止めは一度塗っただけでは適切な効果を発揮しません。定期的に塗りなおすことで、常に肌を紫外線から守れる状態を作り出せます。

ちなみに日焼け止め以外にも紫外線対策グッズは用意されているので、そういったものを併用することでさらに日焼けしてしまう可能性を減らせます。

日傘や帽子といったアイテムも日焼け対策には重宝するので、できれば持っておきたいです。最後に、窓際での日焼け対策についてです。室内にいたとしても窓際にいると、日焼けをしてしまう可能性が高いです。窓からの日焼け対策には、紫外線防止フィルムを使うことをお勧めします。

スプレータイプのものも用意されているので、誰でも簡単に窓からの紫外線対策をすることが可能です。ホームセンターなどで取り扱っているので、購入してみてください。

関連リンク「脱毛新宿 … 新宿美容外科クリニック